徒然夜

孤独にあるのにまかせて、夜にPCと向かい合って、心に浮かんでは消える他愛のない事柄を、とりとめもなく書きつけてみる

歌と私

 思えば昔から、自分は歌うのが好きだった。

 

 音大声楽家科出身、私が小さい頃は舞台でミュージカルにも出演し、その後私が小学生になってからとかは自宅でピアノと歌の先生をしていた母。そんな母の影響で、物心ついた頃から音楽に縁のあった私。

 クラス合唱の曲の楽譜を持って帰って来る度、「ちょっと見せて」と言っては熱心な指導が始まり、私はそれを割と真剣に聞いていた。

 小学校高学年になり、音楽の授業で発声の仕方など本格的な歌の指導が始まった。

 それが始まった直後、授業で二人組になってある曲をソプラノとアルトに分かれて歌って発表する、という内容の発表会が催された。

 名簿順に組まれたペアで私は女の子とペアになり、ソプラノをうたった。順番は最後から二番目。前の方のペアの緊張ぶりを見て、皆の前で歌う事の緊張感を、自身も察した。

 そして自分たちの番がきて歌った後。先生や周り、皆の間に沈黙が訪れた。自分なりには大きな声で歌えたし少し自信もあったのに、だんだん怖くなってきた。ペアの子も同じ様子。

 しかしその後すぐ、

「いやあ~、このペアいいんじゃない?素敵だよ。みんなもそう思わないかい?」

先生のそのコメントの後、みんなが笑顔で拍手した。

 途端に怖さが一気に消え、私は思わず口元が緩んだ。

 ただただ嬉しかった。みんなや、何より先生に褒めてもらえて事が初めてだったから。何だか自信を持てた。そしてずっと音楽に触れてきた今までの中で初めて、音楽、歌うことの楽しさを知った。

 そしてそれからは音楽の授業での歌の鑑賞、練習、クラス合唱・・・・・・。歌うこと全てに楽しさを感じ、自分の世界が、楽しむ可動域が広がったかのように感じた。 

 

 しかし、それはあまり長くは続かなかった。

 その発表会後、歌や音楽の事で先生から一目置かれた私は、(まあやりたくはなかったが親がピアノの先生という事でやらされた)音楽会でのピアノ、授業でのリコーダー、更に勧められた作曲(やりたくなくて母にやってもらった)など様々な事で熱心な指導を受けるようになり、音楽の事では若干ひいきされていた。それは小学生の子供でも感じてしまう位、割とあからさまなものだった。

 そうなるとまあ当たり前だが、面白くないのは、周りの子たち。私も、褒められたのが初めてという事で少し浮かれてしまっていたのもいけないが、嫌味を言われるようになった。

 具体的には、歌というより、音楽全体に関して。リコーダーのテストで私より先に誰かが合格すると他の子に

「夜雨ちゃんお母さんピアノとか楽器できるのに夜雨ちゃんはそうでもないんだね」

「普通じゃん」

「別に才能あるとかじゃないね」

と言われ、驚いた。誰もリコーダー得意なんて言ってないし、と私は思った。そして何より、音楽に長けた母と比べられるというのが辛かった。

 そして学校によく他の人とボランティアで歌やピアノの発表に来てた母が学校に来て歌を発表した後何て、最悪だった。

「お母さんは、めっちゃうまいよね。お母さんは」

「あんなお母さんいて、よくそれくらいで調子乗れるね」

 私は声を出さずに、みんなのいないとこで泣いた。悔しかった。自分は、確かに誰かに褒められるのは嬉しいけれどでもそれより、褒められたり認められたりするために歌いたいんじゃない。ただ好きで歌いたいのに。それだけなのに。どうして、他人から勝手に評価されて人と比べられないといけないのだろう。

 小学生の嫌味何て、大人からしたら大した意味のない、ただの戯言。そう思うかもしれない。しかし当時の私は、とても傷ついた。人と比べられることが何よりも嫌いだったから。そして、嫌味を囁かれるたび自信を無くし、歌う事が怖くなり、逃げたくなった。

 そしてそれからは家に楽譜を持ち帰って母が指導してくれようとするのを強く拒んだ。

「なんで?前はやってたじゃない」

純粋に不思議がる母に

「うるさい!もう歌嫌なの!あんたのせいだよ!」

泣きながら八つ当たりし、一切歌う事に手を入れなかった。

 嫌味を言われるのも母と比べられるのも、もうすべて嫌になり、歌う事を私はそれから避けるようになった。

  

 しかしそれから数年後。転校先の中学で、歌が好きな人が集まった有志合唱団ができたとき。それを運営していたのが仲良しの友人だった縁もあり、私はそれに参加するようになった。しだいにそれに弟も参加し、人数の少ない合唱団に姉弟で参加するという状態になったから、笑える。

 しかし弟の参加は当初、私を不安にさせた。吹奏楽部に入り、やったことのない楽器で才能を見せ、音楽センスで周りから高評価を受けていた弟。あの時の嫌な思い出が蘇った。

 また、比べれれちゃうのかな・・・・・・。

 本当に不安だった私。しかしその心配は無用だった。みんなあたたかく、才能や何かより歌が好きという、ただそれだけで繋がれるような、居心地のよく素敵な環境だった。だからといって歌に自信を持てないことということはなかなかちょっとやそっとで変わるわけでもなかったが・・・・・・。

 まあそれができたのが三年の秋で、すぐに受験前となってそこで活動できた期間は短かったが・・・・・・。

 

 そして、高専に入り・・・・・・。

 一年の時に合唱同好会ができて、二年になってそれに加入したのは、その加入までの期間に自分の中で葛藤があったから。

 自信がないし、歌うのもまだ怖い。そして何より、一度逃げたいと思い、少し前までなるべく避けていた合唱なんて・・・・・・。

 しかし、結局私は加入した。

 それは、自信がない、怖いといった感情の中で、それよりも強い、歌が好きという気持ちの存在に気付いたから。

 好きなことを、できないなんて、好きなことを好きでいられないなんて、なんてもったいないのだろう。

 私は歌う。本当に自信は全くという程なく、怖さは限りなくあるけれど。そして誰かに、他人と比べられたら・・・・・・と思うと怖いけれど。しかし、歌うのが好きだから。ただ、それだけ。

 好きなことを堂々とできる、そんな人間になりたくて、変わりたくて・・・・・・私は歌に、そういう自分を求めている。

 変わるきっかけ。それを歌とするなら、今はただそれに励み、それを心から楽しみたい。